婚約指輪は大切なリング

婚約指輪を結婚したい女性に贈る、婚約指輪を男性からもらうという時、お互いに人生を大きく変える出来事になります。女性としてはこの瞬間を待ち望んでいるでしょうし、男性は女性がOKしてくれるかどうか、悩みぬいてプロポーズされることでしょう。

この時、女性に愛の証、結婚してほしいという気持ちを込めて渡すのが、婚約指輪です。今でこそ、プロポーズの時に婚約指輪を贈るという方が多くなっていますが、昔は、結婚が決まって結納の際に贈る指輪でした。

お見合い結婚が多かった昔、お見合いを行い結婚の意志が固まれば、結納品を準備します。その際、男性側から女性側に贈られるものとして準備されるものでした。しかし、こうした結納の儀なども次第に簡素化されるようになり、お見合いによる結婚も少なくなってきたことで、結納をしないカップルも多くなりました。そのため、海外のようにプロポーズの際、婚約指輪を贈るということが一般的となったのです。

結納の儀として婚約指輪を贈るという儀式的要素ではないプロポーズの際に贈るものとして定着した婚約指輪ですが、それでもこの指輪に込められている役割は大きなものです。結婚という新しい人生の始まりともいえる出来事を約束するという事になりますので、この婚約指輪の役割をよく理解し、愛する人に贈る事が必要です。

当サイトは婚約指輪の持っている役割について、みなさんに知っていただくサイトです。これから先、結婚を考えている方に、しっかりとこの婚約指輪について理解していただければ幸いです。