婚約指輪は永遠の愛を誓う

本来、婚約指輪は古代ローマから発生したもので、当時、結婚という事よりも、婚約という事実の方が重視されていたといこともあり、誓いの儀式に利用した婚約指輪は非常に大きな意味を持つものでした。古代エジプトを例にみても、婚約指輪は左の手薬指、当時心臓とつながっていると信じられていたこの指に、婚約指輪をはめるという事はとても大きなことだったのです。

左手の薬指には創造する力が宿るとされ、婚約してこの指に婚約指輪をはめることは、新しい家族と共に新しい生活を創造するという大きな役割も持っていたのです。心臓と愛の静脈でつながれているというこの指にはめる婚約指輪は、当時、婚約指輪の歴史が始まったころも、非常に大切な意味を持っていたという事がわかります。

宝石を婚約指輪に利用するようになった当初、サファイア、ルビーなどが利用されていたのですが、後にローマ帝国皇帝が結婚を申し込む際、ダイヤモンドを利用したことでダイヤを婚約指輪に利用するという歴史が始まりました。ダイヤモンドは永遠を意味する石です。そこから永遠の愛の象徴となる石がダイヤモンドと認識され、婚約指輪に利用されるようになったのです。

強いきずなと永遠の愛をもって約束を守る、それが、婚約指輪に込められた思いであり、夫婦となる固い約束という役割を持った指輪となったのです。